離婚を決定された方へ 財産分与手続きのご相談受付中

離婚・財産分与.com

夜間・土日の対応も可能 無料相談 抜群の立地 Q&A 0120-316-025 財産分与のことなら、お気軽にご相談ください
  • 無料相談
  • 抜群の立地
  • Q&A
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 無料相談の流れ
  • ご依頼費用
  • お客様の声
  • アクセス
  • HOME
  • 財産分与登記

財産分与登記

財産分与登記とは、婚姻期間中に夫婦で協力して形成してきた不動産(主にマイホーム)について、その名義の如何に関わらず、夫婦が協力して築いてきた財産の清算(財産分与)として、夫婦の一方に名義を変更する登記手続きのことを指します。
  

財産分与登記をしないことのリスク

財産分与の登記を行なうには、原則、両当事者の協力のもと、登記手続きをしなければなりません。
財産分与登記には期限がありませんが、財産分与の登記を放置していると、相手方の所在がわからなくなったり、心変わりしたなどの理由で、スムーズに手続をすすめることが出来なくなるリスクが潜んでいます。
 
財産を譲り渡す側の方が住所を移転しているよう場合には、財産を譲り渡した人自身の住所変更登記をした後でなければ、不動産の名義変更登記も行なえません。
 
また、財産を譲り渡す人の債権者(金融機関、税務署など)が支払い遅滞による差押の登記をしてくる場合があります。
本人に借金した見覚えがない場合でも、税金等を滞納していることにより、差し押さえられてしまうことはよくあります。
 
このようなケースも、財産分与登記を済ませていなかったために、いったん差し押さえ登記を済ませた債権者に連絡をとり、差押登記を抹消するように請求していかなければなりません。
当事者の問題に留まらず、第三者も関与した複雑な話になってしまうリスクも潜んでいるということです。

離婚手続きに関するよくあるご質問

離婚手続きに関するよくあるご質問

詳しくはこちら

詳しくはこちら

詳しくはこちら

無料相談受付中 0120-316-025

詳しくはこちら

司法書士法人花沢事務所

東京都千代田区丸の内1-3-1
東京銀行協会ビル17階

横須賀市日の出町1丁目
4番地12 中央ハイツ105

Copyright © 2013 司法書士花沢事務所 All Rights Reserved.