離婚を決定された方へ 財産分与手続きのご相談受付中

離婚・財産分与.com

夜間・土日の対応も可能 無料相談 抜群の立地 Q&A 0120-316-025 財産分与のことなら、お気軽にご相談ください
  • 無料相談
  • 抜群の立地
  • Q&A
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 無料相談の流れ
  • ご依頼費用
  • お客様の声
  • アクセス

財産分与登記のポイント

●財産分与による所有権移転登記を済ませても、住宅ローンについての登記部分は何ら変更されることはありません。債務者の変更なども自動でされるわけではありません。
債務者の変更などを進めるには、金融機関の承諾を得て債務引受の手続きを行う必要があります。
 
現状の住宅ローン(抵当権)を抹消して、借り換える(新しい条件の良いところで借入れを起こす)という方法もありますので、登記をすすめる前に、金融機関に行って、まずは直接相談されることからはじめていただくこととなります。
 
●財産分与登記は、離婚を原因とする財産の譲渡ですので、離婚をした後で財産分与を原因として登記手続きをすすめる必要があります。離婚する前に財産分与をしてしまうと、実情は贈与扱いとせざるを得ないため、税務上贈与とみなされ、多額の贈与税が発生してしまうおそれがありますので注意して下さい。
 
なお、不動産取得税(県税)についても、離婚による財産分与を原因とする不動産の取得の場合には、免除規定のおかれているところがほとんどですので安心です。贈与扱いになると数十万程度の税額がかかることとなるでしょう。
 
●財産分与による所有権移転登記には固定資産の評価額に応じた登録免許税(評価額×2%です)が必要となりますが、これを計算するための資料として固定資産評価証明書を添付することとなります。

離婚手続きに関するよくあるご質問

離婚手続きに関するよくあるご質問

詳しくはこちら

詳しくはこちら

詳しくはこちら

無料相談受付中 0120-316-025

詳しくはこちら

司法書士法人花沢事務所

東京都千代田区丸の内1-3-1
東京銀行協会ビル17階

横須賀市日の出町1丁目
4番地12 中央ハイツ105

Copyright © 2013 司法書士花沢事務所 All Rights Reserved.